どえりゃー学べる!サロン集客のためのブログマーケティングの教科書。

【無料プレゼント】お客様アンケートで作る!サロン集客の教科書はこちら

商品名を変えて、サロンの月間売上が100万円突破した理由とは?

 
  2017/11/17
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

サロン集客の先生のSHUNSUKEです。

 

皆さんは、ご存知ですか?

過去に商品名を変えて、ヒット商品になった事例がたくさんあります。

 

例えば、

  • 缶入り煎茶→お~いお茶
  • WEST→BOSS
  • 豆ダッシュ→チョロQ

このように、誰もが知っている商品が名前を変えたことで、大ヒットしました。

 

最近でも、ある靴下が商品名を変えまして、大ヒットしたそうです。

  • 三陰交をあたためるソックス→まるでこたつソックス

商品名を変えましたら、売上が前年度の17倍になったそうです。すごい売上ですね!

 

このように商品名を変えることで、サロン売上も大きく変わる可能性を秘めています。

実際、僕自身も商品名を変えたことで、スタジオの月間売上が100万円を突破しました。

 

今回は、伝え方を変えることで、どうして売上が大きく変わるのか?

こちらについてご紹介します。

興味を持ってもらえなければ
意味がありません

サロン集客をする上で、一番必要となることがあります。

それはお客様にあなたのサロンに興味を持ってもらわなければいけません。

 

全国には、たくさんのサロンがあります。

個人サロンから大手サロン、本当に多くのサロンが存在しております。

 

僕自身もトレーニングスタジオを2013年にオープンしました。

この4年間にダイエットジムにも、たくさんの変化がありました。

特に、ライザップの影響もありまして、全国にたくさんのダイエットジムが増えました。

 

サロン業界も一緒です。

たくさんのサロンが増えるのは素晴らしいことです。

しかし、それと同時にライバルも増えてきます。

 

つまり、そのライバルに負けてしまえば、あなたのサロンは運営できなくなります。

そのためにも、あなたのサロンと他のサロンを差異化してあげる必要があります。

 

興味を持ってもらうためにも
サービスを差異化する

おそらく、「あれ?」と疑問に思われた方も見えたと思います。

何について疑問を抱かれたかと言いますと、差別化ではなく差異化という部分です。

 

今は全国にたくさんのサロンが存在しております。

つまり、サービス内容での差別化をしようと思いますと、これはかなり難しいことです。

そのためにも、サービス内容での差別化ではなく、サービス内容の伝え方を差異化する必要があります。

 

実際に、僕自身のトレーニングスタジオがこれで大きく変わりました。

2013年1月〜2015年9月までは「太ももダイエット」という伝え方をしておりました。

しかし、売上はイマイチ伸び悩んでおりました。

 

そこで、2015年10月より伝え方を「裏ももダイエット」に変えました。

その結果、一気に問い合わせ数が増えまして、半年後にはキャンセル待ちの状態になりました。

そして、月間売上も100万円を突破しました。

 

伝え方、つまり商品の紹介文を変えただけで、売上が一気に上がりました。

このように、他のスタジオとのサービスの伝え方を差異化したことで得られた結果です。

 

差異化するべき3つのポイント

あなたの商品も伝え方を差異化することで、変わる可能性を秘めています。

そこで差異化するべき3つのポイントをお伝えします。

 

主に差異化するとオススメな3つのポイントが、

  1. メソッド名
  2. メニュー名
  3. キャッチコピー

こちらの3つになります。

 

【1】メソッド名

1つ目のメソッド名は、僕の「裏ももダイエット」と同じように方法となる部分のネーミングです。

メソッド名で差異化することで、お客様に「えっ、それは何ですか!?」と興味を持ってもらえましたらOKです。

メソッド名は、差異化する時には一番取り組みやすい方法です。

 

例えば、美と健康業界で言いますと…

  • デュークウォーキング
  • さとう式リンパケア

これらがメソッド名で有名です。

 

【2】メニュー名

2つ目は、あなたがサロンで販売しているメニュー名を変えることです。

 

例えば…

  • 「むくみ解消コース」「毎日ブーツが履ける【むくみスッキリコース】」

このように、むくみで悩まれている部分に焦点を当てまして、メニュー名で伝えてあげます。

そのメニューを購入することで、どんな未来の姿が得られるのかが分かります。

 

【3】キャッチコピー

キャッチコピーは、チラシやHP内のサロン紹介で非常に使えます。

あなたのサロンが他とどういった部分で違うのかを言葉で差異化する方法です。

 

このキャッチコピーの作り方は様々ありますが、一番早い方法があります。

それはお客様からアンケートで声を頂く方法です。

 

アンケートに関する詳しい内容はこちらでご覧頂けます↓

「サロンのキャッチコピー作りに悩んだ時は、アンケートを使いましょう」

 

まとめ

これからの時代、まだまだたくさんのサロンが増えてきます。

その中でも、あなたのサロンに興味を持ってもらわなければいけません。

そのためにも、他のサロンと差異化する必要があります。

 

ぜひサロンの差異化で困った時は、3つのポイント↓

  • メソッド名
  • メニュー名
  • キャッチコピー

こちらを明確にしてあげて下さい。

ここが明確になった時、あなたのサロンは他のサロンと差異化することができます。

【無料プレゼント】
サロン経営のノウハウが詰まった
〜サロン集客の教科書〜

 

50ページ以上のサロン集客の教科書E-book。

サロン経営で必要な内容をご紹介します。

しかも、実践的で成果に繋がるノウハウを厳選ピックアップしました。

サロン経営のために必要なことがあります。

それは、正しい方法を継続的に実践すること。

サロン経営は1日にしてならず。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サロン集客の先生SHUNSUKE , 2017 All Rights Reserved.