どえりゃー学べる!サロン集客のためのブログマーケティングの教科書。

【無料プレゼント】お客様アンケートで作る!サロン集客の教科書はこちら

避けて通れない道、サロン集客の第一歩は【新規集客】

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

サロン集客の先生SHUNSUKEです。

 

今回は、サロン集客をしていく上で欠かせないポイント。

それは【新規顧客の獲得】です。

 

サロンをオープンしますと、必要になる項目が新規集客です。

新規のお客様なくして、サロン経営は成り立ちません。

そのためにも、新規顧客を獲得するための、新規集客のポイントを知っておきましょう。

新規集客をする上で
必要な事前準備とは?

実は新規集客をする上で、必要な事前準備があります。

意外にこの部分が抜けてしまっているサロンが多いです。

 

【1】ターゲットが決まっていない

新規集客をする上で、ほとんどのサロンオーナーの方々が決まっていない部分があります。

それが【ターゲット】です。

 

「どなたでも当サロンへお越し下さい!」

このようなスタンスのサロンが多いです。

これでは、お客様も自分がそのサロンに行って良いのか判断が出来ません。

 

そのためにも、どんなターゲットの方向けのサロンなのか?

ここをしっかりと明確にしてあげましょう。

 

【2】専門分野が決まっていない

ターゲットと同じく、大切な項目になります。

あなたのサロンの専門分野を決めることが必要です。

 

お客様視点で考えてみましょう。

お客様がサロンを探している時、必ず何か悩みを抱えているかサロンを探しています。

 

例えば、

お客様「最近、顔のたるみが気になってきてしょうがないのよね・・・」

ネットで検索

お客様「えっ!顔のたるみ改善専門サロン!?」

あなたのサロンのHPをクリック

サイトを見る

問い合わせ

 

お客様の悩みを明確に打ち出したサロンがありましたら、お客様はあなたのサロンに対して、一気に興味を持ちます。

専門分野を打ち出すのは、あなたのサロンにお客様が興味を持って頂くためです。

このように専門分野を明確に打ち出しておくことが大切です。

 

【3】どんな商品価値を
得られるのか分からない

ターゲット・専門分野が決まりましたら、最後にもう1つ決めないといけない項目があります。

それが【あなたのサロンの商品価値】です。

 

商品価値とは、あなたのサービスを受けることで、どんな嬉しい未来が手に入るのかを言葉で伝えることです。

ここを言葉で伝えているかどうかで、お客様のサロンを選ぶ基準は大きく変わります。

 

例えば、下記2つのような商品価値をキャッチコピーで伝えています。

  • 顔のたるみをなくして、見た目年齢-10歳!
  • 顔のたるみがなくなって、毎日化粧をする時間が待ち遠しい!

あなたはどちらのキャッチコピーが、心に響きますか?

 

断然、2つ目のキャッチコピー、

「顔のたるみがなくなって、毎日化粧をする時間が待ち遠しい!」

こちらだと思います。

 

なぜこちらのキャッチコピーが響いたと思いますか?

 

理由はシンプルです。

サロンの施術で手に入る嬉しい未来の姿、ここが明確だったからです。

 

商品価値が伝わった時のお客様の心は、大きく動きます。

その結果、問い合わせという流れに繋がります。

 

ターゲット・専門分野・商品価値。

この3項目はしっかりと事前に決めてあげて下さい。

これらが決まりましたら、様々なウェブ媒体や広告媒体での効果も大きく変わってきます。

 

新規集客で知っておきたい
お客様のタイプ

これから新規集客をしていく上で、知っておかないといけないポイントがあります。

それは、お客様のタイプです。

サロンへ来店されるお客様には、3つのタイプがあります。

新規客

1回来店のお客様のことです。

1回来店がなければ、お客様にあなたのサロンの良さを知って頂くことは出来ません。

そのためにも、あなたのサロンへ直接足を運んで頂けるように新規客を集めなければいけません。

そして、この新規客をどれだけリピート客として繋げることが出来るかが大切です。

 

リピート客

あなたのサロンへ2回以上来店しているお客様のことです。

1回来店されたお客様に対して、あなたのサロンの商品価値をしっかりと伝えましたら、2回目以降もあなたのサロンへ来店してくれます。

実際、サロンの売上の60%〜70%は、リピート売上が占めていることが多いです。

そのためにも、新規集客が良くなってきましたら、次はリピート客を増やすことが大切です。

 

ファン客

サロンのファンとなり、口コミや紹介をしているお客様のことです。

こちらはその名の通り、あなたのサロンのファンのお客様です。

ファンのお客様が増えましたら、サロンの売上は着実に安定してきます。

ちなみに、ファンが20名以上になりましたら、サロンの商品価値をお客様へしっかりと伝えている証拠でもあります。

 

新規集客で見た場合

新規集客で見た場合、集客しないといけないのは【新規客】です。

新規客がいなければ、

  • リピート→ファン

こちらの流れも作ることが出来ません。

そのためにも、ある一定数の新規客を集客することが大切です。

 

まとめ

今回は、サロン集客をする上で避けられない道、新規集客についてご紹介しました。

 

サロンで新規集客をしていくために必要な事前準備が、

  • ターゲットを決める
  • 専門分野を決める
  • 商品価値を言葉にする

こちらの3つは欠かせません。

 

そして、新規集客で獲得しないといけないお客様のタイプも分かりました。

  • 新規客→リピート客→ファン客

こちらの3つでした。

 

その中でも、最初の事前準備の3つの項目をしっかりと決めてあげましょう。

こちらが決まっていないサロンオーナーの方が非常に多いです。

ここを明確にすることで、他のサロンとの差別化にも繋がります。

 

ターゲット・専門分野・商品価値のより詳しい決め方は、

悩んでいます!サロン集客の為のブログの書き方のコツとは?

こちらで詳しくご紹介しております。

【無料プレゼント】
サロン経営のノウハウが詰まった
〜サロン集客の教科書〜

 

50ページ以上のサロン集客の教科書E-book。

サロン経営で必要な内容をご紹介します。

しかも、実践的で成果に繋がるノウハウを厳選ピックアップしました。

サロン経営のために必要なことがあります。

それは、正しい方法を継続的に実践すること。

サロン経営は1日にしてならず。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サロン集客の先生SHUNSUKE , 2017 All Rights Reserved.