どえりゃー学べる!サロン集客のためのブログマーケティングの教科書。

【無料プレゼント】お客様アンケートで作る!サロン集客の教科書はこちら

サロン集客をする上で、オーナーが絶対に口癖にしてはいけない「7つの言葉」

 
  2017/12/21
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

サロン集客の先生のSHUNSUKEです。

 

最近、あることに僕は気がつきました。

それは、サロン経営が上手くいかないオーナーの方には共通点がありました。

その共通点とは、普段から発言されている言葉、つまり口癖でした。

 

サロン経営が上手くいかないオーナーの方々は、「口癖にされている7つの言葉」がありました。

この7つの言葉、絶対に言わないようにしてあげましょう。

 

「あっ!私がいつも言っている言葉がある!!」

「まずい、いつも困った時に言っている…」

「毎日言っている言葉だ…」

このように思われた方は、これを機会に言わないようにしてあげて下さい。

 

今回の内容、ご注意下さい。

僕は毒を吐きます(笑)

口癖にしてはいけない
7つの言葉

サロンオーナーの皆さんが口癖にしてはいけない7つの言葉、それはこちらです。

  1. 忙しい
  2. 時間がない
  3. 分からない
  4. 知っています
  5. 来年こそやります
  6. 何をすればいいですか?
  7. 時間ができたらやります

この7つの言葉になります。

 

1:忙しい

この言葉を口にされるサロンオーナーの方、本当に多いです。

そもそも忙しいのは、サロンにとって良いことです。

 

忙しさにも、良い忙しさ&悪い忙しさがあります。

良い忙しさは、お客様もたくさん来店されていて、売上も良い忙しさです。

逆に悪い忙しさは、お客様も少なくて、売上も良くない忙しさです。

 

残念ながら、ほとんどのサロンオーナーは、悪い忙しさになっています。

「忙しいんですが、売上がよくありません…」

「報酬が少なく、仕事量が多くなっています…」

「実は売上がなくて、バイトで忙しいんです…」

このようなパターンに陥っていることが多いです。

 

つまり、自分で勝手に忙しくしています。

そして、その忙しさに甘えて、自分が変わるための時間を作っていないだけです。

まずは、変わるための時間を作る覚悟を持ちましょう。

 

あなたは、本気で変わりたいですか?

 

2:時間がない

時間がありません、この口癖も言わないようにしましょう。

時間がなければ、時間を作る努力をしましょう。

時間は皆さん平等です、全員24時間しかありません。

 

その中でも成果を出している方・成果を出せない方。

その違いは、時間を作ろうと努力されているか・努力していないかの違いです。

 

お子さんが見えまして、時間が限られているサロンオーナーもいます。

でも、限られた時間の中で、ちゃんと成果を出しています。

 

あなたは、時間を作る努力をされていますか?

 

3:分からない

何をやるにしても、常にこの言葉を使われるサロンオーナーが見えます。

分からないことを分かるようにするために勉強・実践をしているはずです。

分からないと言うと、考えることをやめてしまい、頭のスイッチがオフになります。

 

分からないという言葉、本当に恐ろしいです。

分からないと言えば、やらなくて済むと勘違いされているサロンオーナーが多いです。

 

分からないという言葉。

これは、都合のいい言い訳でしかありません。

 

あなたは、いつまで言い訳を続けますか?

 

4:知っています

セミナーで本当に多い言葉がこれです。

「あっ、それは知っています!」

「その内容、以前も聞いたことがあって、知っています!」

正直に言います、知っていて何か得しますか?

 

知っていても、実践されていないのであれば、それは意味がありません。

実践しなくては、何も成果には繋がりません。

 

「知っています!」

成果を出せていないサロンオーナーが本当に多く口癖にされています。

知っていても何も意味がありません。

 

あなたは実践する覚悟は、ありますか?

 

5:来年こそやります

毎年の終わりが近づいてくると、この言葉を言われるサロンオーナーの方が多いです。

この言葉、その場限りの言い訳でしかありません。

 

「今年は●●をチャレンジしたから、来年は○○をやります!」

この場合の意味は、良い意味での来年に向けた抱負です。

 

しかし、何もやらなかったのに、なぜ来年にできるのでしょうか?

「来年こそやります」

今年できなかったのであれば、来年できるはずがありません。

 

来年やるのであれば、まずは今やりましょう!

今を頑張れば、来年が見えてきます。

 

あなたはいつ、行動をしますか?

 

6:何をすればいいですか?

これは、サロンオーナーにとって致命傷となる言葉です。

すぐに言うのをやめてあげましょう。

 

今、自分がやるべきことを把握できない。

これはサロンオーナーとしてあるまじきことです。

普段からご自身とちゃんと向き合っていない証拠です。

 

ちゃんとご自身と向き合うようにしましたら、何をすべきかが見えてきます。

つまり、自分に素直になることが大切です。

 

あなたは、いつも素直な気持ちをお持ちですか?

 

7:時間ができたらやります

ハッキリ言います、いつ時間ができるんですか?

時間がないのは、売上が少なくて、バイトばかりしているからではありませんか?

まずは、自分が変わるための時間を作る覚悟を持ちましょう。

 

時間を作って、自分が変わる機会を作らなければ、次のステージは見えてきません。

 

正直、時間がない中で時間を作ることは、すごく辛いです。

寝不足にもなる可能性があります。

でも、何とかして、その状況を打破しなければいけません。

 

あなたは、変わるための時間、作る覚悟はありますか?

 

まとめ

今回の7つの言葉、実はトレーニングスタジオの運営が上手くいっていなかった時の僕です。

昔の自分への戒めのために書きました(笑)

 

スタジオ運営が上手くいっていなかった時、ビックリするほど、7つの言葉を口癖にしていました。

その結果、口ではカッコいいことを言って、行動が全くのチャランポランでした。

それでは、上手くいくはずがありません。

 

変わるきっかけ、普段から発している言葉でも変えられます。

ぜひこれを機会に、7つの言葉から卒業してあげて下さい。

卒業しますと、あなたのサロン経営も着実に変わってきます。

 

口癖から卒業しましたら、次はサロン事業の組み立て方をクリアしてあげましょう↓

「サロン集客で大切な事業の組み立て方〜意外に知らない5ステップ〜」

【無料プレゼント】
サロン経営のノウハウが詰まった
〜サロン集客の教科書〜

 

50ページ以上のサロン集客の教科書E-book。

サロン経営で必要な内容をご紹介します。

しかも、実践的で成果に繋がるノウハウを厳選ピックアップしました。

サロン経営のために必要なことがあります。

それは、正しい方法を継続的に実践すること。

サロン経営は1日にしてならず。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サロン集客の先生SHUNSUKE , 2017 All Rights Reserved.