どえりゃー学べる!サロン集客のためのブログマーケティングの教科書。

【無料プレゼント】お客様アンケートで作る!サロン集客の教科書はこちら

口コミのコツは、自分のサロンの自己紹介が出来るかどうか。

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

サロン集客の先生のSHUNSUKEです。

 

あなたは、ご自身のサロンの自己紹介をしたことはありますか?

自己紹介は、

  • お客様との背術中の会話
  • セミナーへ参加した時の名刺交換
  • ビジネス交流会へ参加した時の自己紹介タイム

こんな時に行います。

 

僕も何度も自己紹介をしたことがあります。

そして、初めて自分のスタジオをビジネス交流会で自己紹介した時…

自分の心が思いっ切り折れました。

 

なぜ自分の心が折れたかと言いますと、誰も僕の自己紹介の内容を覚えていてくれませんでした。

もちろん、人数が多い中での自己紹介ということもありましたが、それでもここまで覚えていてもらえなかったことに、大変ショックを受けました。

 

実はご自身のサロンの自己紹介、サロン集客のために必要です。

なぜ必要かと言いますと、口コミを引き起こす要素を持っているからです。

今回は、自己紹介と口コミの関係について、ご紹介します。

自己紹介で相手に
インパクトを残す方法

ご自身のサロンの自己紹介は、口コミを引き起こす上で必要となる要素です。

なぜなら、口コミとはお客様が他のお客様にあなたのサロンを紹介してくれるからです。

つまり、お客様があなたのサロンの紹介が出来なければ、口コミは起きません。そのためにも、あなたのサロンの良さを言葉として伝える自己紹介文が必要です。

 

しかし、あなたの自己紹介文を聞いたお客様の頭の中に記憶として残らなければ意味がありません。

そのためにも、自己紹介文では必ず伝えないといけない3つのポイントがあります。

 

それは…

  • ターゲットの明確化
  • 悩みを解決した時の未来の姿
  • FEへの誘導

これら3つのポイントが必要です。

3つのポイントについて、詳しくご紹介していきます。

 

【1】ターゲットの明確化

自己紹介をする上で一番必要なのが興味を持ってもらうことです。

 

簡単に言いますと、自己紹介をした時に、

「それ、私のことです!」

このように興味を持ってもらうことが必要です。

これは、ターゲットが明確になっていることで興味を引くことができます。

 

例えば、

「最近、鏡で自分の姿を見ることに抵抗感がある40代女性の方へ」

このようにターゲットが具体的になっておりますと、私のことだと思われます。ターゲットが明確になることで、自己紹介の質は一気に上がります。

 

【2】悩みを解決した時の
未来の姿

興味を引きましたら次は、悩みを解決した時に得られる未来の姿を言葉で伝えてあげましょう。

ターゲットが具体的でも、それが解決した時に得られる未来の姿が具体的でなければ、口コミは起きません。

そのためにも、解決した時に得られる未来の姿を言葉にしてあげましょう。

 

例えば、

「もう太もものサイズでパンツを選ばない買い物をする」

このようなイメージです。

 

【3】FEへの誘導

FEとは、フロントエンド(front-end)の略です。簡単に言いますと、お試し商品のことを指します。

よく通販のCMで「1週間の無料お試しセット」というモノがあります。これがフロントエンドと呼ばれる部分です。

自己紹介では、問い合わせしてもらいたいフロントエンド商品を用意しておかないといけません。

 

もしフロントエンド商品がないと、どのように・何を問い合わせをしたらいいのか分かりません。

 

例えば、僕のトレーニングスタジオのフロントエンド商品は【60分の初回体験レッスン5000円】があります。

これがいきなり本コースの案内ですと、お客様の心の中に抵抗感が生まれてしまいます。

そうならないためにも、ハードルが低く・手軽に購入できるフロントエンド商品へ誘導してあげる必要があります。

 

まとめ

今回は、自分のサロンの自己紹介で大切な3つのポイントをご紹介しました。

この3つのポイントが欠けてしまっている自己紹介文では、口コミを引き起こすことが難しくなります。

そのためにも、ちゃんとご自身のサロンの価値を自己紹介で伝えてあげて下さい。

 

自己紹介で、あなたのサロンの価値がちゃんと伝わりましたら、聞いた人の頭の中に記憶として残ります。

そして、問い合わせするべきフロントエンド商品が明確になっておりましたら、尚更良いです。

自己紹介文もちゃんと戦略を立てて、作ってあげましょう。

 

もし自己紹介文が作れない時は、ぜひこちらを参考にして下さい↓

「自分のサロンをオープンすることが目標になっていませんか?」

こちらにも自己紹介のコツとなる部分が含まれています。

【無料プレゼント】
サロン経営のノウハウが詰まった
〜サロン集客の教科書〜

 

50ページ以上のサロン集客の教科書E-book。

サロン経営で必要な内容をご紹介します。

しかも、実践的で成果に繋がるノウハウを厳選ピックアップしました。

サロン経営のために必要なことがあります。

それは、正しい方法を継続的に実践すること。

サロン経営は1日にしてならず。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サロン集客の先生SHUNSUKE , 2017 All Rights Reserved.