どえりゃー学べる!サロン集客のためのブログマーケティングの教科書。

【無料プレゼント】お客様アンケートで作る!サロン集客の教科書はこちら

サロン集客のために、売れるメニュー作りが必要な理由とは?

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

皆さん、こんにちは。

サロン集客の先生のSHUNSUKEです。

 

今回は、サロン集客のために、売れるメニューが必要な理由についてご紹介します。

なぜ、お客様に選ばれるメニュー作りが必要だと思いますか?

おそらく、様々な考え方が出てくると思います。

 

実は意外な部分で、サロン集客のために売れるメニュー作りが必要な理由がありました。

こちらの理由、なかなかシビアな内容です。

現実を知っておくためにも、ぜひ頭の中に入れておいて下さい。

サロンの生存率を
ご存知ですか?

全国には様々なサロンがあります。

エステサロン、リラクゼーションサロン、アロマテラピー、ネイルサロン、美容室などのサロンがあります。

特に近年は独立開業されている方が増えている傾向です。

 

しかし、独立開業されている方が増える一方で、こんなことも増えています。

  • 1年以内に閉店するサロン:60%
  • 3年以内に閉店するサロン:90%
  • 10年以内に閉店するサロン:95%

このような状況が起きていると言われています。

 

つまり、サロンの独立開業が続けられている方は、

  • 1年以上営業を続けられるサロン:40%
  • 3年以上営業を続けられるサロン:10%
  • 10年以上営業を続けられるサロン:5%

このように考えられます。

 

実は僕自身、こんな経験をしたことがあります。

 

サロンをオープンされたあるオーナーさんが見えました。

しかし、ある日を境に連絡が取れなくなりました。

そして知人から「あのオーナーさんのサロン、実は閉店したんだよ。」

 

それを聞いた時、僕は正直驚きました。

すごくサロン運営も上手くいっているように見えていたので、全く想像ができませんでした。

しかし、これが現実です。

 

では、どうしてこのようなことが引き起こるのでしょうか?

 

なぜサロンの生存率
が低いのか?

サロンの生存率が低い理由はシンプルです。

それは売上をちゃんと出すことができないからです。

つまり、業績が悪化してしまい、サロン運営ができなくなってしまっているのです。

 

では、なぜ売上を出すことができないサロンが増えてしまうのでしょうか?

実は意外な部分が関係していました。

 

1:差別化できていないサロンが多い

意外な理由の1つは「差別化できていないサロンが多い」からです。

どこも同じサロンの打ち出し方をしておりまして、他との違いが分かりません。

 

打ち出し方などを工夫されているサロンオーナーの方も見えます。

しかし、それがお客様に伝わっているかどうかが問題です。

 

お客様にちゃんと伝わっていなければ、お客様は来店されません。

つまり、それは伝え方が上手くできていないということです。

 

他のサロンとの差別化ができないと、サロン集客ができません。

サロン集客で大切なのは、新規集客をいかにできるかがポイントです。

 

そのためにも、

「まだサロンへ来店されたことがない見込み客」

こちらのお客様へ、あなたのサロンの良さを伝える必要があります。

 

しかし、ここで困ったことが起きてきます。

それは、ほとんどのサロンのサービス・メニューが同じであるパターンが多いです。

 

例えば…

  • ボディ
  • アロマ
  • ネイル
  • マッサージ
  • フェイシャル
  • レーザーや光での脱毛

すでにサロンメニューとして定着しているものが多々あります。

しかもこれらのメニューは、取り扱っているサロンが全国にあります。

 

しかし、なかなか差別化ができているサロンは少ないです。

どれだけサロン側が他のサロンとの違いを伝えても、お客様にその違いは分かりません。

 

同じ内容のサービス・メニューで他のサロンと勝負しますと、お客様はある部分で判断します。

それは「価格」で判断します。

 

その結果、同じサービス・メニューで安い価格で勝負してしまいます。

そのため、値下げという手段を選んでしまうサロンが多いです。

 

また、サロン経営歴が長い店舗の方が「安心感・信頼感」が出てきます。

そのため、長いサロン経営歴の店舗にお客様が流れやすくなってしまいます。

 

基本的に安い価格、または値下げしてサロン運営するのは、僕はオススメしません。

その理由は、シンプルです。

  • サロンの利益率が下がる
  • サロンの売上が下がる
  • 再度値上げするのは大変
  • たくさんの施術数をやらないといけない
  • 業務が多過ぎて、オーナーが疲弊してしまう

これらが主な理由です。

 

このような状況になってしまえば、サロン運営は行き詰まってしまいます。

その結果、サロンの閉店という可能性が高まります。

そのためにも、サロンのメニューをしっかりと差別化してあげましょう。

 

ちなみに、差別化も大事ですが差異化も大事だと僕はお伝えしております。

差異化について、より詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい↓

「商品名を変えて、サロンの月間売上が100万円突破した理由とは?」

 

2:地域内でオンリーワンになっていない

すでに定番となったサロンメニューや流行ったメニューを早期に導入しているサロン。

こちらは地域内では、その分野の先行サロンとなり、オンリーワンの存在になります。

 

しかし、他のサロンでも同じサービス・メニューが始まってきますと、状況は一変します。

「あそこでも同じサービス・メニューをやっていて、価格も安いから、別のお店に行きます。」

このように、お客様の心は変わる可能性が高いです。

 

そのためにも、他のサロンにはない「あなただけのサロンメニュー」

こちらを作ってあげて下さい。

あなただけのサロンメニューができましたら、オンリーワンになれます。

 

まとめ

今回の内容をご覧になられまして、いかがでしたか?

僕は初めて知った時、驚きを通り越しまして、声が出ませんでした。

 

サロンが閉店してしまう原因のほとんどが【業績不振】です。

そのためにも、お客様に選ばれるメニュー作りが必要です。

ぜひこれを機会に、サロン集客のために、ご自身のメニューを見直してあげて下さい。

【無料プレゼント】
サロン経営のノウハウが詰まった
〜サロン集客の教科書〜

 

50ページ以上のサロン集客の教科書E-book。

サロン経営で必要な内容をご紹介します。

しかも、実践的で成果に繋がるノウハウを厳選ピックアップしました。

サロン経営のために必要なことがあります。

それは、正しい方法を継続的に実践すること。

サロン経営は1日にしてならず。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サロン集客の先生SHUNSUKE , 2017 All Rights Reserved.