どえりゃー学べる!サロン集客のためのブログマーケティングの教科書。

【無料プレゼント】お客様アンケートで作る!サロン集客の教科書はこちら

数学の成績が「1」だった男が、経営者になった理由とは!?

 
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

本業は
トレーニングスタジオの経営者

僕の本業は、トレーニングスタジオの経営者です。

普段は、女性向けのマンツーマンでのトレーニング指導を行っております。

女性の脚やせに特化したトレーニングスタジオを経営しております。

 

そんな僕が、なぜ「サロン集客の先生」として、集客講座の講師活動を始めたのかをご紹介します。

サロン集客の先生になるまで、様々な紆余曲折な人生を歩んできました。

 

算数の成績は「1」だった
小学・中学時代

実は僕、算数・数学が大の苦手でした。

テストでも0点をとりまして、小学・中学時代の算数・数学の成績は「1」でした。

 

数字が苦手な幼少時代でしたので、周りからは、

「田中くんは、経営者には絶対に向いていないね」

と、よく言われていたのを覚えています(笑)

 

そんな数字が苦手な僕でしたが、なんと体育の成績も「2」でした。

そんな僕が、なぜトレーナーを目指し始めたのか?

それは高校時代の「ある出来事」がきっかけでした。

 

生死をさまよった15歳

中学時代、部活動に励んでおりました。

部活は、バレーボールでした。

 

中学時代の悔しい思いを胸に、高校では強豪校で頑張ろうと決めていました。

そして高校入学後、バレー部に入部しまして、高校での部活動がスタートしました。

 

しかし、自分の思いとは裏腹に、ある出来事が引き起こりました。

それは、練習中に何度も体調不良で休んだり・早退するようになりました。

何度も続きましたので、病院でも様々な検査を行いました。

 

検査をしていった結果、原因が分かりました。

原因は「肺気胸」という病気でした。

肺気胸とは、肺に穴が開く病気で、右の肺に穴が空いておりました。

 

この病気のため、部活は3ヶ月以上休むことになりました。

おまけに、病状が回復しないため、手術することにもなりました。

今も右胸には、手術の痕が残っております。

 

無事に手術から回復してから、また部活動に復帰しました。

しかし、ここから新たな地獄が始まりました。

 

部活に復帰してから1ヶ月半が経ったある日、手術した右胸に違和感が出てきました。

違和感が明らかに痛みになってきましたので、夜中に病院へ駆け込みました。

その結果、気管支に穴が開きかかっている状態でした。

 

症状が悪かったため、緊急入院することになりました。

この時は手術ではなく、自然治癒という形で1週間で退院しました。

 

しかし、これ以上バレー選手としてのプレーはできないという状況になりました。

そして、バレー選手として活動することは諦めざる得なくなりました。

監督から配慮もありまして、マネージャーとして活動していく形になりました。

 

ちなみに下記の写真は、引退後の大会写真です。

最初で最期の、大会へ出場できた時でした。

 

この病気の経験から、身体のちゃんと管理することの重要性を知りました。

そして、身体を管理するための知識が必要だと感じました。

この経験が、トレーナーを目指そうと思ったきっかけでした。

 

トレーナーを目指して大学へ

前述したように、僕は勉強が全くできませんでした(笑)

そのため、1年浪人してから大学へ入学しました。

大学は、トレーナー専門の学部がある大学へ進学しました。

 

大学時代は、様々な場所で活動をしました。

そして、たくさんのセミナーへも参加しまして、たくさんのトレーナーの方々ともお会いしました。

イギリスへも3週間の短期留学を経験しました。

大学4年間の積み重ねが、今の自分を作ってくれたと感謝しております。

 

そして、大学3年から4年の1年間、入社希望のトレーニングスタジオで活動をしていました。

しかし、代表の方の方針などが合わず、大学卒業を目前にして辞めました。

ここでの活動は、今後の自分を知る上で大切な時間になりましたので、今でも感謝しております。

 

2011年4月、23歳の時。

僕は、個人事業主としての道を歩むことを決断しました。

 

ビジネスの基本を
全く知らない個人事業主

23歳で個人事業主として、活動を始めました。

しかし、スタートは悲惨なものでした。

ビジネスの基本を全く知りませんので、どうやってお金を稼げばいいのか分かりませんでした。

 

結果的に、バイト三昧の日々がスタートしました。

この期間は、様々な仕事をしておりました。

健康器具の配送・フィットネスクラブでのトレーナー、などで働いておりました。

 

その中で、様々な経験をさせてもらいながら、ビジネスの勉強もしました。

  • 勉強→仕事→勉強

こんな毎日を過ごしていました。

 

時間が経つにつれて、自分の中でも、様々な踏ん切りがついてきました。

そして、25歳の冬。

ついに、トレーニングスタジオをオープンする決断をしました。

 

オープンするが、待っていたのは…

2013年1月、名古屋の今池という場所に、トレーニングスタジオをオープンしました。

 

オープン日には、たくさんの方々からお祝いのお花も頂きまして、本当に嬉しかったです。

初日から、数名のお客様が来店して下さいました。

良いスタートが切れました。

 

しかし、スタジオ経営は甘くありませんでした。

時間が経つにつれて、お客様の数が伸び悩むようになりました。

そして、既存のお客様の数も不安定な状態になり、スタジオの売上はピンチを迎えました。

 

売上が全く上がりませんでしたので、バイトは週6日で入っておりました。

それでもスタジオ経営は上手くいかず、ピンチは大ピンチに切り替わりました。

大ピンチを迎えた時、僕の銀行の預金残高は5000円を切っていました…

 

大ピンチは大チャンス!
その時出会ったのがブログ

預金残高が5000円を切った大ピンチの時、大チャンスとなる出会いがありました。

それが「ブログ」でした。

 

ブログの存在は知っていましたが、本格的に活用はしておりませんでした。

ブログの勉強をするにつれて、ブログでの集客の奥深さに気づきました。

 

そして、ブログを始めてから、3ヶ月。

ブログから新規のお問い合わせが着々と増えてきました。

月商10万円弱しかなかったスタジオの売上も、月商50万円まで上がりました。

 

この調子で、ブログでの新規集客も安定すると思っていました。

しかし、ここでも新たな落とし穴が待っていました。

その落とし穴とは、お客様のリピート率でした。

 

ブログでの新規集客が安定してきた時、お客様のリピート率が良くありませんでした。

レッスンをしていても、お客様と僕の中で見えないギャップがありました。

そのギャップが何かが分からなくて、すごくモヤモヤしておりました。

 

しかし、お客様とレッスンを重ねるにつれて、そのギャップが何なのかに気づきました。

僕はレッスンでしっかりと美と健康の素晴らしさをお伝えしたかったです。

しかし、お客様はそこまで求めていませんでした。

 

つまり、お客様と僕の間に温度差があったんです。

温度差がありましたら、お客様のリピート率も良くならないのも当然です。

そこで、新たに対策を練るため、ある方法を実践しました。

 

お客様アンケートで
要望をリサーチする

そうです、ここで僕は初めて「お客様アンケート」を作りました。

お客様アンケートを作ってからは、来店されたお客様にどんどん協力して頂きました。

どんどんお客様のリアルな声を聞きまして、皆さんの要望をリサーチしました。

 

その結果、僕とお客様の間に起きていた温度差の原因が明確に分かりました。

それは、自分のサービスの商品価値をお客様に伝えていなかったことでした。

サービスの商品価値がちゃんと伝わっていなければ、お客様との間に温度差が生まれるのも当然です。

 

そこで、お客様アンケートの内容を元に、ブログで自分のサービスの商品価値。

ここをしっかりと打ち出すようにしました。

打ち出しては、何度も打ち出し方を変更しまして、どんどん計測をしました。

 

打ち出し方を変えていきましたら、新規のお問い合わせも増えていきました。

さらに、お客様のリピート率も増えていきまして、顧客数も増えました。

その結果、月商100万円を突破することができました。

 

ここまで僕のトレーニングスタジオが変わった理由は、シンプルです。

  • お客様アンケート×ブログ

この2つを実践したからです。

 

お客様のリアルな声を聞きまして、そのリアルな声をブログで情報発信をしていく。

ここが僕にとって、トレーニングスタジオの経営の土台となりました。

 

サロン集客の先生、誕生

スタジオの集客が安定的になってきましたら、不思議なことが起こり始めました。

それは、集客に関する相談をたくさん頂くようになりました。

ほとんどの相談内容が「新規集客」についてでした。

 

そこで僕自身の新規集客のノウハウをお伝えしました。

その結果、皆さんが集客の成果を着実に出されました。

何よりも嬉しかったことは、成果を出された皆さんの笑顔でした。

 

この瞬間、サロン集客のための講師として、活動を始める決意をしました。

サロン集客の先生、誕生の瞬間でした。

お客様アンケートで、たくさんのサロンオーナーを笑顔にする!

常に、このをコンセプトに胸に、現在もサロン集客の先生として活動しております。

 

【無料プレゼント】
サロン経営のノウハウが詰まった
〜サロン集客の教科書〜

 

50ページ以上のサロン集客の教科書E-book。

サロン経営で必要な内容をご紹介します。

しかも、実践的で成果に繋がるノウハウを厳選ピックアップしました。

サロン経営のために必要なことがあります。

それは、正しい方法を継続的に実践すること。

サロン経営は1日にしてならず。

ぜひ、今のうちにゲットしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
サロン集客の先生。25歳で独立してトレーニングスタジオを開業。開業後、全く集客が出来ず預金残高5000円を切る状況まで陥る。そこで自分の商品価値をメッセージで伝えたところ、見事にV字回復して月商100万円を達成する。その集客経験から、商品価値をメッセージで伝える重要性を知る。サロン集客の先生の傍ら、日本初となる裏ももダイエット専門トレーナーとしても活動する。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© サロン集客の先生SHUNSUKE , 2018 All Rights Reserved.